コロナ禍でメンタルを守る 第1回 自分を労わる、WHOのアドバイス

OUTLINE

コロナ禍で私たち全員の生活が変わりました。不安と負担を抱える日々のなかで自分のメンタルを守るヒントを学びましょう。

自分のメンタルを守ろう、労(いた)わろう

コロナ禍と呼ばれる日常になって、ずいぶん時間が経ちました。日々、不安をあおるニュースが流されています。様々な自粛が広がり、人との直接の触れ合いが減りました。在宅勤務、オンライン授業、失業が新しい現実となりました。

私たち全員が、見えない敵と見えない未来に不安と負担を抱えて生きています。それでも、自分を守り、助けを求める人を助けることができます。自分のメンタルを守ることからまずは始めてみましょう。

メンタルを守るためのヒント

​WHO(世界保健機関)が公表している資料(*1、2)をもとに、生活に役立つヒントをまとめました。

  • 情報の入手を
  • 生活にリズムを
  • ニュースを見すぎない
  • 人付き合いを大切に
  • お酒はほどほどに
  • 画面とばかり向き合わないこと
  • ゲームのやりすぎに注意
  • SNSでは明るい、正しい発信を
  • 他の人を助けよう
  • 医療従事者に感謝しよう
  • 差別をしない
  • 助けを求めよう

情報の入手を

国や自治体からの発信、信頼できる発信元からの情報を一日1~2回取り入れてください。

生活にリズムを

寝る時間、起きる時間を決めよう

身の回りを清潔にしよう

規則正しく、健康的な食事を摂ろう

定期的に運動しよう

仕事と休憩を使い分けよう

好きなことをやる時間を作ろう

ニュースを見すぎない

不安をあおるようなニュースを目や耳にしないようにして、最新の情報だけ集めましょう。

人付き合いを大切に

電話やオンラインででも、親しい人と定期的に連絡を取り合いましょう。

お酒はほどほどに

お酒は不安の解消にも、まして感染予防にもなりません。むしろ、飲みすぎは予防不足や重症化につながります。ほどほどにしましょう。

画面とばかり向き合わないこと

休憩時間を摂るようにしましょう。

ゲームのやりすぎに注意

体を動かす時間などオフラインの時間とバランスを取りましょう。

SNSでは明るい、正しい発信を

明るい、前向きな話をシェアしましょう。誤った情報は訂正しましょう。

他の人を助けよう

買い物の手伝いなど、周りの人を助けてあげましょう。

医療従事者に感謝しよう

新型コロナウイルス感染症と闘う全ての医療従事者、関係者に感謝しましょう。

差別をしない

不安な気持ちを、他人への攻撃へと変えないようにしましょう。感染を恐れて、周囲の人や患者さん、医療従事者を差別してはいけません。親切な気持ち、感謝をしましょう。

助けを求めよう

どうにもならないときは医療相談を受けましょう。